セーラー出版は2013年7月1日をもちまして、社名を「らんか社」に変更しました。
セーラー出版の絵本は、引き続きらんか社でご注文をお受けしております。

ヒック ゴロゴロ はっくしょん ひめ モノクローム・プロジェクト《BOOKLET詩集シリーズ》 お月さまってどんなあじ? しゃっくりがいこつ ピッツァぼうや ストライプ だから?
  • この笑顔が目印です

    ピッツァぼうや

    ウィリアム・スタイグ/作
    木坂涼/訳

    24×21cm 32P 定価1,620円(本体1,500円)

     

    まず、表紙をみてみましょう。
    タイトルが赤(トマトソース色)と
    著者名が緑(バジル色)が
    白地(モッツァレラチーズ色???)に描いてあります。
    そして真ん中には、ロゴマークのようなぼうやの笑顔。
    まるで、配達用のビッツァの箱のようです。
    中身はマルゲリータ・ピッツァが似合いますね。

    たいていの子どもは、おにぎりやサンドイッチと同じくらい、
    ピッツァのおおよその作り方を知ってます。
    自分で食べるもの、遊ぶためのもの、
    いろいろなビッツァを作って楽しみます。

    食パンに冷蔵庫の残り物とチーズをのせて焼く、ピザトースト。
    チーズの代用品のソースを使ったり、
    餅にチーズと具を乗せる餅ピザ?も人気があります。
    砂場で草花やどんぐりを乗せて作るビッツァ。
    ちょっと大きくなると、粘土を着色して作るビッツァにも挑戦して、
    小さな具を丁寧に作ります。
    お小遣いをもらった時は、スーパーで売っているキットを買って、
    着色された粉を水で練って作るたこ焼きやピザ
    (ラムネ味とかになっていて、もちろん食べられます)を
    作ったりもします。

    もちろんビザは具だくさん。相当なボリュームがあるので、
    丸ごと一人じめするのではなく、みんなで切り分けることになるので、
    それもまた嬉しそうです。

    以下詳細