セーラー出版は2013年7月1日をもちまして、社名を「らんか社」に変更しました。

作家別

よりぬきの絵本

  • クリスマスイヴのこと

    クレメント・ムーア/文
    アニタ・ローベル/絵
    松井るり子/訳

    26×21cm 25P 定価1,620円(本体1,500円)

     170年もの間たくさんの絵本やカードに作られてきたムーアの詩に、アニタ・ローベルが腕をふるった1冊。細部まで丁寧に描き込まれた画集のように美しい絵本。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • イソップ寓話集

    アーサー・ガイサート/絵
    バーバラ・ベイダー/文
    いずみちほこ/訳

    26×21cm 64P 定価2,160円(本体2,000円)

    「ウサギとカメ」他19の寓話の美しい銅版画。イソップ寓話の古代から現代にわたる伝承の歴史と、イソップの生涯についての伝説も収録。イソップ絵本の決定版。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • オレゴンの旅

    ルイ・ジョス/絵
    ラスカル/文
    山田兼士/訳

    30×22cm 33P 定価1,620円(本体1,500円)

     サーカスのクマを森に返す旅に出たピエロのデューク。クマを森に返したそのあとは、今度はデュークがほんとうの自分を見つける旅へ出発するのです。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • マンヒのいえ

    クォン・ユンドク/絵と文
    みせけい/訳

    24×29cm 32P 定価1,620円(本体1,500円)

     マンヒは両親と一緒に、狭いアパートからおじいちゃん、おばあちゃんの家に引っ越します。韓国のいまの子どもたちの暮らしが丁寧に描かれた絵本。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • ストライプ
    たいへん! しまもようになっちゃった

    デヴィッド・シャノン/絵と文
    清水奈緒子/訳

    28×24cm 32P 定価1,620円(本体1,500円)

     ほんとうは好きなのに、みんながリマ豆を嫌いなので、食べたいのを我慢しているカミラは、まわりにどう思われているのか気にしてばかり。そんなカミラの体が、ある朝とつぜんしまもように!

  • カレンダーのはなし

    木坂涼/作
    山口マオ/絵

    19×15cm 28P 定価1,404円(本体1,300円)

     1年分のカレンダーを背負って背中が重いという1月さんのメッセージが、2月さん、3月さんへと伝わります。だけどそれぞれみんな独特な個性の持ち主で、はたして伝言はちゃんと伝わるのやら…。

  • ソリちゃんのチュソク

    イ・オクベ/絵と文
    みせけい/訳

    24×29cm 48P 定価1,620円(本体1,500円)

     韓国のチュソク(秋夕)は、旧暦の8月15日、ちょうど十五夜のころ、ふる里へ帰り、先祖のおまいりをします。お隣の国の習慣を、ソリちゃんと見に行きましょう。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • おしっこぼうや
    せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし

    ウラジーミル・ラドゥンスキー/作
    木坂涼/訳

    28×22cm 30P 定価1,620円(本体1,500円)

     小便小僧ってモデルがいるの? どうして銅像になったんだろう? みんなが知っている小便小僧について、ベルギーのブリュッセルという町に伝わる、あまり知られていないエピソード。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • サイレント ナイト

    サンディ・ターナー/作
    たかはしけいすけ/訳

    25×25cm 32P 定価1,620円(本体1,500円)

     静かなクリスマスイブ。イヌだけが落ち着きを失い、ほえまくります。わけはだれにもわかりません。始めから終わりまでイヌのなき声だけで語られるとびきりゆかいなクリスマス絵本。

  • しゃっくりがいこつ

    マージェリー・カイラー/作
    S.Dシンドラー/絵
    黒宮純子/訳

    26×26cm 32P 定価1,620円(本体1,500円)

     ある朝、がいこつが目覚めると、しゃっくりが出ていました。しゃっくりを止めようと、いろんな方法で試してみますが、効果がありません。はたしてしゃっくりは止まるのでしょうか。

  • ライラはごきげんななめ

    アレクサンダー・スタッドラー/作
    かつらあまね/訳

    25×26cm 33P 定価1,620円(本体1,500円)

     ライラは朝からごきげんななめ。バレエのレッスンもいやになり、今日が最後と宣言します。でもライラのことを評価してくれない先生を注目させようとむきになって踊っているうちに、なんだか不思議な気分になってしまいます。

  • きょうはソンミのうちでキチをつけるひ!

    チェ・インソン/文 パン・ジョンファ/絵
    ピョン・キジャ/訳

    25×26cm 31P 定価1,620円(本体1,500円)

     朝鮮半島では、秋の終わり頃に一冬食べる分のキチを家族近所総出でまとめて漬ける「キジャン」という行事があります。今日はソンミのうちのキジャンの日。裏庭に住んでいるねずみのうちでも、ソンミのうちのまねをしながらキチを漬けてみることにしました。

  • ねこのせんちょう

    マドレーヌ・フロイド/作
    木坂涼/訳

    30×23cm 24P 定価1,620円(本体1,500円)


     寝ることがすき。食べるのがすき。からだをなめて、きれいにすることがすき。飼い主のまえではマイペースでわがみちをゆくふてぶてしい顔のねこの“せんちょう”が、こっそり夜中にでかけて楽しみにしていることは・・・? 月あかりをたよりに、こっそりついていってみましょう。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • ぼくは ことり

    クリスチャン・メルベイユ/作
    エマ・ド・ウート/絵
    清水奈緒子/訳

    23×28cm 23P 定価1,620円(本体1,500円)

     木の上のくらしに飽きたことりは、他の動物たちの様子を見て回ります。しかし、ねずみの生活もアヒルの生活も、ことりにはしっくりきません。はたして、自分に合ったくらしは見つかるのでしょうか? ことりがことりらしい生きかたに出会うまでの物語。

  • ほんをよめばなんでもできる

    ジュディ・シエラ/文
    マーク・ブラウン/絵
    三辺律子/訳

    32×24cm 33P 定価1,620円(本体1,500円)


    「ほんをよめばなんでもできる!」それがこの絵本の合言葉。読む天才であるサムは、本からさまざまな知識を得て、いろいろなことに役立てます。なんでも鮮やかに解決する彼は、本にはあらゆる可能性が秘めていることを教えてくれます。

    品切れ中 しばらくお待ちください

  • おうさまの おしろ

    しろませいゆう/文と絵

    21×23cm 31P 定価1,620円(本体1,500円)


     おうさまのおしろには、さまざまなことが起きる。雨が降る、風が吹く、異星人が来る、花が咲く。そんな平和な日常が続いていくが……。快いリズムの文章とポップな絵で綴る、おしろの日々。

  • ヒック ゴロゴロ
    はっくしょん ひめ

    グデュル/文
    マルジョラン・ポティ/絵
    ふしみ みさを/訳

    29×25cm 25P 定価1,620円(本体1,500円)


     はずかしくなると、はっくしょん。胸がドキドキすると、お腹がゴロゴロ。やりたくなくても思わず出てしまうお姫さまの”困った音”に、王子たちは逃げ出してしまいます。弾むような擬音語が楽しい、読み聞かせにぴったりのベルギーの絵本。